こればハマる!?たかが文房具、されど文房具!!

古き良き、懐かしの文房具

子供達の学習のための文房具は、時代の変化につれて進化しています。一昔前は、普通の正六角柱の鉛筆、四角い消しゴム、たまに砂消しを持っている友達がいましたよね。ちょっといいなと思ったのは、ロケット鉛筆やシャーペン、これといって目立つものもありませんでした。文房具だけど遊びの要素を思い切り取り入れた、「キン消し」と「カー消し」も思い出しますね。あと「ネリ消し」というのもありました。消しゴムのカスと糊でネってみたりしませんでしたか?

凄いぞ!文房具の劇的変化

最近は子供たちの文房具も、高級志向が強いようです。劇的な変化?を遂げたのは、糊と修正液でしょう。糊は、「ヤマト糊」から「テープ糊」へ、そして修正液も「修正テープ」になりました。その他、はさみやカッター、大学ノート、ホッチキスなどあらゆるものが変化しています。昔は高級なイメージの万年筆も子供用に販売されていますし、特にシャープペンシルは子供たちが高級なものを好んで使っています。単純に「押して芯が出る」だけではダメな時代なのですね!!

アイディア勝負!すごい文房具

簡単な、あるいはよく考えられたアイディア次第で、文房具はかなりのヒット商品になります。その例が「カドケシ」や「ポストイット」ですよね。昔から様々な面白い文房具がありました。現在もアイディアに満ちあふれたものがどんどん発売されています。だけでなく、とても精密でメカニカルなものもあります。ただでさえシャープなのに、芯が内蔵されたギアで回転し、よりシャープな書き心地を追求したシャーペンも!!文房具はいったいどこまで進化するのでしょう!?

アスクルは、法人向けのオフィス用品や現場用品を扱う通販会社です。取扱商品は、家電や食品、生活雑貨など多岐におよび、なんでも揃うお店になっています。