賃貸から賃貸へ引っ越す場合の悩み、「二重家賃」を解消する方法とは?

そもそも「二重家賃」とは?

現在住んでいる賃貸の部屋から、新しく見つけた賃貸物件へ引っ越す場合、多かれ少なかれ「二重家賃」というものを支払う必要があります。その理由は、賃貸の退去予告が1カ月から2カ月前までに行わなければならないことにあり、その期間内の家賃は支払う必要があるという契約上の規定があるためです。もし新しい入居先が決まっても、その入居日が現在住んでいる部屋の家賃を支払わなければならない期間内であれば、その重なった分も同時に支払わなければならないのです。

部屋探しの期間は余裕を持って!

「二重家賃」を発生させないための基本は、1カ月後か2カ月後に退去しますという退去予告のタイミングと、新居への引っ越し日をできるだけ合わせることです。そのためには、まず契約書などに書いてある退去予告期間の規定を調べる必要があります。多くの場合、その期間は1カ月か、または2カ月という契約内容になっています。そして新しい部屋探しは、引っ越し日の数カ月前か、せめて2カ月前から行うなど、出来るだけ余裕を持って行うのが理想だと言えるでしょう。

「二重家賃」を解消する具体的な方法!

まず1つ目は、引っ越し先の新居を扱っている不動産屋と、「契約日(入居日)について交渉する」ことです。うまくいけば希望に沿った入居日で契約できますし、そうでない場合でも、契約日を1日でも調整できれば二重家賃の負担をそれだけ減らすことができます。そして2つ目は、「入居可能日が1カ月先の物件」を探すことであり、二重家賃は1日分まで抑えることができます。さらにフリーレントと呼ばれる1カ月間家賃無料の物件を新居先として見つければ、実質的に二重家賃の負担が解消されます。

大事な個人情報を処分する際に必要なシュレッダー。会社などで使う大きなものから家庭用の小さなものまで様々なタイプがあります。